125年以上にわたる歴史

デンマークで最初の協同組合による豚の食肉処理場が1887年、Horsensに設立されました。その後40年から50年の間に、デンマーク国内には多くの豚の食肉処理場が設立されました。

デンマークの食肉処理部門の統合

 

1960年代には協同組合の食肉処理場は、販売、マーケティング、製品開発などの業務処理能力を強化するために合併してゆくようになりました。

90年代末から2000年代の初期までに、Danish Crownの歴史の中でもっとも重要な合併が行われました。 

1998年にDanish CrownとVestjyske Slagterierが合併しました。2002年に、Danish CrownとSteff-Houlbergが合併し、当初の協同組合の豚の食肉処理場の大部分が新たなDanish Crownに加えられました。

国際的な成長

2000年以降、Danish Crownは主に外国の食品企業の買収を通して、大きな国際化への成長を遂げました。

Danish Crownは、なかでも英国の食品会社であるHygrade、Flagship Foods、Roach Foods、およびDalehead Foodsを買収しました。これらの会社はすべてTulip Ltd.に統合され、現在英国で最大手の食品会社の一つになっています。

2003年にTulip社はスベンストルップ(Svenstrup)にあるソーセージ工場のGøl を買収、Tulip Food Companyはさらに2004年3月1日付でドイツのOldenburger Fleischwarenfabrik社を買収しました。

2005年Danish Crownはポーランドで最強の食肉ブランド企業であり、同国で二番目に大きな食肉会社であるSokolow 社の株の50%を買収しました。 2014年には、Danish CrownはSokolow 社の残りの株を買収し、現在、Sokolow 社はDanish Crown Groupの100%子会社となっています。

2007年から2010 年にかけて、とりわけドイツ、スウェーデン、英国でさらなる外国企業の買収を行いましたが、それらは、ドイツのNietfeld社と D&S Fleisch社、スウェーデンのKLS Ugglarps社、そして英国のParkham Foods等です。

Danish Crownの有限会社化

Danish Crownの代表者会は、2010年10月13日に一般出資法に基づく有限会社とすることを満場一致で決議しました。

今日、Danish Crown社は有限会社ですが、Leverandørselskabet Danish Crown Ambaという協同組合が最大の出資者として保有権を持っています。この協同組合には組合員と従業員の代表から選出された経営陣が存在します。