Danish CrownのHorsensには、650人の従業員を擁する大きな脱骨設備があります。

顧客の要望はさまざまです。骨付きのローストポークを好む人もいれば、骨抜きのものを好む人もいます。一方、骨付きベーコンが好きな人はいません。従って、ベーコンの骨は除去しなければなりません。それは個別に、一人ずつ、ひとつのテーブルずつですることもあれば、カッティングラインで10人から14人の作業員が一列に立ってすることもあります。

日本に輸出されるカットはスペックに沿って丁寧にトリミング(整形)されます。くず肉は最終的に、例えばサラミやひき肉の材料として欧州全土の食卓で消費されたり、Tulip Food Companyの特別製品に使われる場合もあります。